読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

ラケットを使わない素振り練習

効率の良いスイングをするには、ラケットの軌道と腕の軌道は同じではないことを理解しておく必要があります。

参考にしたフィールテニスyoutube動画でスライドショーを作成しています。

スイング軌道の画像とポイント
練習のポイントは、右の画像の軌道でグリップをトレースすることですが、ラケットの先端は腕をプロネーションする関係で、グリップの軌道とは異なります。ラケットの先端の動きとグリップの動きが同調するのは正しいラケットの使い方ではありません。
f:id:regnirt-sorp:20160117205640p:image

練習に使う器具(参考)
f:id:regnirt-sorp:20160117205728j:image
テニスショップにあるオーバーグリップテープのサンプルがベストチョイスですが、手に入らなければ、このような感じの棒に20センチ位の長さのビニール紐を結んだものを使います。コンタクトからこのビニール紐を加速させることで、グリッ(ロールアンドコンプレス)の練習ができます。

腕の軌道の練習のための参考スライドショー
グリップの動きがサーキュラーな動きで、ラケット先端がイレギュラーな動きをするスイングを体得するには、ラケットを持たないで、グリップで打つ感じを練習するのが一番です。