読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

フォアハンドのポイント

セミウエスタングリップあるいはウエスタングリップで、このようにスイングするなら、フォワードスイングに入るところからインパクト直前の形がポイントです。
f:id:regnirt-sorp:20131127081001j:plain
注意する点は、この間でスイングスピードをゆっくりすることです。スピードがつくと、インパクトのラケットを手首で固定する態勢が不十分になります。その結果、ボールにパワーとスピンを伝えることができません。

フォワードスイング開始
f:id:regnirt-sorp:20131127081825j:plain

ラケットを手首で固定した態勢
f:id:regnirt-sorp:20131127081928j:plain

上記の間、スイングのスピードをゆっくり保ったタイミングでスイングすれば、フィニッシュはオートマチックに迎えることができます。
f:id:regnirt-sorp:20131127082349j:plain
フィニッシュは、スイングの勢いなので、無理矢理ここにセットするのではありません。
f:id:regnirt-sorp:20131127082319j:plain

ラケットを手首で固定する態勢が正しいかは、以下の画像が参考になります。

利き手の平を上に向けます。
f:id:regnirt-sorp:20131127083013j:plain
そこにラケットを載せます。
f:id:regnirt-sorp:20131127083030j:plain
握ります。
f:id:regnirt-sorp:20131127083050j:plain
この態勢が独立したポジションであることを感じることができれば、強烈なフォアハンドが打てる日は近いです。
f:id:regnirt-sorp:20131127083103j:plain