読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

デルポトロ選手のフォアハンド

フォアハンド プロプレーヤー
ボレーのグリップが厚いと指摘されたので、薄い握りで練習したら、いい感じになりました。試しにフォアハンドも薄くしてみたら、ミスショットが少ない感じでした。

スイングのお手本はデルポトロ選手です。テイクバックからフォワードスイングでラケット面が地面と平行になりません。
f:id:regnirt-sorp:20140613125620j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140613125633j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140613125642j:plain

ボディターンはインパクトまでですが、左右の肩甲骨の間が広がり利き腕の肩が前に出てきます。
f:id:regnirt-sorp:20140613125655j:plain

インパクトのとき、厚いグリップのときよりもプロネーションが簡単になるのか、クロス方向が打ち易いです。
f:id:regnirt-sorp:20140613125709j:plain

ボディターンはインパクト前で終わっています。その後で左右の肩甲骨の間が開き、肩が前に出てくるので、ターンが続くように見えます。次の連続した画像を見てみると、実際にはラケットと腕だけしか動いていません。
f:id:regnirt-sorp:20140613125733j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140613125747j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140613125822j:plain

薄い握りのフィニッシュの特徴は、ラケット面とサイドフェンスが平行にならないことです。肩甲骨の間が広がったままが正しいスイングです。
f:id:regnirt-sorp:20140613125833j:plain

厚いグリップに戻したり、再び薄いグリップにしたりしていると、以前よりも正確に当たるようになりました。グリップチェンジを広域にできるようになって、ラケットを上手く使えるレンジが広がったことによると考えています。