読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

新品は違う

ラケット

今回はテニスの話ではありません。スノーボードの話です。昨年のクリスマスに子供にスノーボードをプレゼントしたのを機に、50の手習いでスノーボードを始めました。

途中で止めると勿体無いのでずっとレンタルボードにしていました。5回目でJターンはレギュラー、グーフィーともできるようになりました。ところが、上手くなったと思ってスピードに乗って真っ直ぐ滑ると、レンタルはいきなりエッヂが引っかかり何回も大転倒しました。

さすがに老体には命の危険を感じるのと、スノーボードの面白さが分かり始めたので、思い切って有名ブランドのバートンの2014モデルを買いました。ビンディングは2015モデルを勧められ、ボードより高いものを買いましたが、正解でした。

早速昨日滑ってみましたが、レンタルとは全く違うことがよくわかります。同じスキー場に通ったので、雪質やコースが変わった訳ではありませんので、ボードの素材とテクノロジーの違いが初心者でも分かりました。強いて注意したのは、YouTubeで見た基本に忠実なターンをしたことです。

この感覚はテニスラケットの最新型を握って基本練習をしたときの感覚と同じでした。

もし、昔のラケットを使っているなら、絶対に有名ブランドの最新のテクノロジーを搭載したモデルを使ってみることを勧めます。テニスラケットやスノーボードのように道具の違いは新品を買って、比べてみないとわからないと思いますが、加工が容易な軽くて強い素材のせいで、ここ数年のカーボン素材の進化に驚くはずです。

もちろん基本に忠実なフォームが必要なのは言うまでもありませんが(笑)。

f:id:regnirt-sorp:20150209125741j:plain

f:id:regnirt-sorp:20150209125757j:plain

広告を非表示にする