Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

ラケットを道具として使わないスイング

私がテニスバイブルとしているYouTubeのチャンネルFeel Tennis Instruction に1年前にアップされたスイングの参考になる動画がありましたので紹介します。

Swing A Tennis Racket Like A Weight Instead Using It Like A Tool - YouTube

説明が長くて眠くなるので、参考になった部分を切り取りました。興味と時間があればYouTubeで全部の内容を観てください。

Instagram post by @regnirt_sorp • Mar 17, 2019 at 4:20pm UTC

 

要点は、フォアハンドやバックハンドのグランドストローク、サーブ(オーバーヘッド)では、ラケットをハサミ、ナイフやフォーク、ペン、ワインオープナーバックパックをその用途で使うようには使わないことです。切り取った動画のように、バックパックは担がずに、振り回すような動作をして、ボディターンや体重移動をイメージします。次の段階で、ラケットを単なるウェート(重り)とみなしてスイングします。ただし、スライスやボレーのスイングは、ラケットをテニスの道具として使います。私の説明では上手く伝わらず、意味不明かもしれませんが、やってみれば意味がわかると思います。普通のテニスとはイメージの違うアプローチなので(笑)。

 

参考になるイメージは、ニュートンのゆりかごです。

f:id:regnirt-sorp:20190318021111j:image

バックパックを移動させる大きな動きをボディターンで行うとともに、ラケットは単なる重り(ニュートンのゆりかごの鉄球)として、ボールにぶつけます。いわゆる脱力スイング(緩く握っているだけで、結果的には、腕を使って振るスイング)とは、少し考え方が違い、ラケットを重りとして感じ、それを腕の力ではなく、体幹の回転や体重移動を使ってテニスボールに当てるスイングのイメージです。

毎日の練習では、手作り室内練習器具を使っていますが、ラケットを道具として使わないスイングの練習をすることで、ラケットを持っている腕に不用意な力が入るのが防止され、優しく当てても、強く当てても、ボールコントロールが安定することがわかります。

手作り室内練習器具を使う練習の合間に、少し重いダイニング用の椅子をバックパックのように振り回して、ボディターンのモーションを感じるようにしています。

体幹のイメージのおかげで、フォアハンドやバックハンドだけでなく、椅子に座ってのサーブ練習でも、ラケットが振り回しやすくなり、ボールスピードが上がった気がします。

 

YouTubeの動画は無料です。情報には、インフォメーションとインテリジェンスがあります。YouTubeのようなインフォメーションソースを『無料だから価値がない』と言い切るのは簡単です。しかし、たくさんの動画のインフォメーションを必要性や信頼性に基づき取捨選択、内容分析して、解釈や価値判断を追加したインテリジェンスになっている場合、それを判断決定に使う事例は枚挙に暇がないでしょう。このブログでは、インンテリジェンンスを提供することを心がけています。今の時代、お金を出す価値のある情報が、無料の情報と競い合っていることを忘れてはいけません。

また、教則用として参考にするなら、プロテニスプレーヤーのコマ撮り写真を寄せ集めて解説しているだけの監修者の自己満足の教則本よりは、フィジカルコーチのたった数秒の解説動画の方がより理解でき、再現の可能性が高いと思います。

フリー ―<無料>からお金を生みだす新戦略

フリー ―<無料>からお金を生みだす新戦略

 

 

あとがき

とても品位がないけど、頭のいいプロストリンガーは、毎月のように、新しいストリングを発売しています。発売したストリングは、名前が良く知れた市販品とは比べものにならないほど素晴らしい機能を持つと毎回宣伝しています。でも、申し訳ないけれど、「そんな素晴らしいストリング」の賞味期限は人々(会員)が期待するほどではありません。すぐにそのストリングでもうまく説明できない事象がでてきます。そのときに「あ、このストリングはそれほどではなかった」とさくっと撤回してくださるといいんですけれど、なかなかそうはなりません。というのは、「頭のいい人」の頭の良さは「自分の間違いを間違っていなかったかのように取り繕う」手際において際立つからです。これは長く生きて来た私が確信を込めて断言することができることの一つです。ほんとうにたいしたものです。思わず拍手したくなることさえあります。実際のところ、来月になれば、しれっと新しいストリングを宣伝していると思います(笑)。

あるプロのストリンガーさんの話 - Regnirt-sorpの日記

 

あとがきその2

各国のストリンガーの団体が、タイヤ交換と同じ、機械を使う単純作業であるガット張り替え作業に任意資格を持ち込み、ガット張り替えの作業手順を平準化したことは高く評価できます。手順に従えば、誰が張っても同じ結果になります。その結果、世界各国で開催されるツアー大会に参加するプロ選手はどこの会場でも同じようにストリングを張ってもらうことができます。しかし、あるプロストリンガーのように、調子に乗って、その任意資格の格付けを根拠に、世界最高峰と言われても、電子制御の業務用ストリングマシンを使って手順通りに張られていれば、任意資格者とそうでない人とのガット張りの違いはわかりません。そもそも、格付けというのは「みんなができること(平準化された作業)を、他の人よりうまくできるかどうか」を競わせることだからです。平準化された作業が履行されていれば、ストリングの印字はまっすぐで、グロメットに負担のない結び目の状態になり、仕上がりの見た目は綺麗に見えます。きちんと張られているかを判断する基準になるので、お店の技術を知ることができます。私は、他人のラケットも張り上がり状態が美しくないと気になるので、極力見ないようにしてます(笑)。極端に逸脱した手順と比較して、自分のガット張りが素晴らしいと自慢されても、タイヤ交換が素晴らしい(整備不良がないことがデフォルトなので)とはなかなか聞かないのと同じで、苦笑するしかありません。

 

あとがきその3

例えば、練習すれば誰にでも時速200kmのサーブが打てるようになるわけではありません。しかし、ラケット、ストリング、シューズ、アパレルの大手メーカーは、トッププロ選手と契約して、自社製品をツアー大会で使ってもらい、それらを使えば、時速200kmのサーブや強烈なストロークが打てると錯覚させる広告テクニックを駆使しています。

私の知り合いに、時速200kmのサーブが打てる人がいますが、聞くと、自分で張り替えをしていたりします。ラケットのガット張り替えを上手に早くできるお店はたくさんありますが、上手に張られたラケットだからといって、誰もが時速200kmのサーブを打てる可能性はゼロに近いです。その反対、お店で張らなくても時速200kmのサーブを打つ人はいます。何でもそうですが、条件が整っていても、努力してできること、絶対にできないことはあります。そのため、プロがつくスポーツ選手や上手なアマチュアの能力がある人の中でも、ラケットの良し悪しでは超えられないことを製造メーカーは認識しており、自社のラケットを使えば、時速200kmのサーブが打てるだとか、プロ選手と同じボールが打てるだとか誤解を生む宣伝は絶対にしません。フェデラー選手、ジョコビッチ選手、大坂なおみ選手のラケットが市販品と同じか違うかという話題は議論になりますが、彼らのパフォーマンスは異次元であり、市販品でも同じように高い能力を発揮できるので、結果的に購入した一般消費者を騙すことになるからです。

あるプロストリンガーは、いわゆる最初から上手なアマチュアにインプレを書かせて、それを宣伝材料にする、いわゆるステマを行い、自分がガット張り替えをしたラケットなら、プロ選手と同じようなボールが打てるようになると宣伝しています。できるようになる根拠は、独自に発売しているストリングを張っているのと自分は監修だけでお客に製作させたプロ選手の動作等を解説したラケットの使い方の教則本です。教則本を存在させることで、このラケットを教則本の通りに使えば、誰もがプロ選手と同じパフォーマンスを発揮できるようになると錯覚させる催眠商法になっています。楽して上手くなりたい気分だけが良い人なら買うかもしれませんが、まともな感覚の人なら買わないでしょう。プロストリンガーは、購入者数(=被害者数)が数十人とわざわざ公表しています。後悔先に立たずで、信じて購入した人は、テニス用品購買の無限地獄に引き入れられているのは明白でしょう。できる人を利用し、できない人に、できると思い込ませて物を売り付ける商売を詐欺と言います。