読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

練習バディとのリラックスラリーが重要

4月から勤務時間が変わったので、平日が休みの人とテニスをしています。2人なのでラリー練習が主体になりますが、試合練習では調子が良いです。我がテニスバイブルにその理由が書いてありましたので紹介します。
How To Improve Your Tennis Through Free Hitting | Feel Tennis

 

f:id:regnirt-sorp:20170517051215j:image

フィールテニスの記事を簡単に説明すると、レクレーションプレーヤーレベルであれば、練習バディとリラックスしてラリー練習した方がテニス全体のスキルは向上するとのことです。

記事で紹介しているラリー練習では、リラックスしたラリーを続けながら上手くいかない箇所をチェックして修正していきます。チェックするのは、スプリットステップしたか、遅れずに一貫性のタイミングで打てたか、スイートスポットに当たったか、打ちやすい位置に移動して楽に打てたか、頭を動かさずコンタクトでボールを見たか、ボールはイメージ通りに飛んだか、などです。

技術が未熟なとき、緊張感を伴うショットパターンドリルのような練習をやっても、時間の浪費であり、スキルは改善するどころか、かえって害になると解説しています。これまでに経験した練習内容を振り返ってみても、ポイントを取る練習等のドリルで上手くできたことは多くなかったし、ドリル練習をすればするほど下手になる傾向がありました。せっかくテニススクールに通っても上手くならなかった理由がわかった気がします。

補足ですが、練習バディとのラリーでの練習目標は、相手が打ちやすいボールが打てるようになることです。打ちやすいボールの定義は、高さ、スピン、深さに一貫性があることです。