読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

このYouTube(テニス指導ビデオ)がすごい

YouTubeの情報はテニス分野に限らず、玉石混交で、私のブログのようにどうでも良い情報は少なくありませんが、わかりやすく説明している情報があったので紹介します。フォアハンドやバックハンドのトップスピンを打てるようになりたい人には、このYouTube動画は必見です。

 

トップスピードテニス

Top Speed Tennis - YouTube

 

YouTube動画

フォアハンドでラケットを加速する方法を説明しています。

TENNIS FOREHAND SECRET | Snap Racquet For Speed Drill - YouTube

 

かっこ悪いスイングの理由を説明しています。

Quick Tip to Improve Tennis Forehand | No Shoulder Rollover - YouTube

f:id:regnirt-sorp:20170122225052j:image

 

バックハンドのトップスピンのラケットと身体の使い方を説明しています。

How To Get Topspin On Your Backhand | One hand + Two hand - YouTube

 

おまけ

画像の説明(補足)

この画像は、スイングするときのイメージを自動車の急ハンドルで説明しています。

f:id:regnirt-sorp:20170122215650j:image

画像左の図は、車が人を引っ張っているものです。急ハンドルすれば、人は慣性の法則で前に飛んでいきます。身体を急に方向転換すれば、ラケットは自然に前に飛んでいくイメージを表しています。

f:id:regnirt-sorp:20170122215723j:image

 

この画像は、

f:id:regnirt-sorp:20170122215800j:image

大きな弧を描いて回転したものが、

f:id:regnirt-sorp:20170122221137j:image

小さな弧になると回転速度が早くなる現象を

f:id:regnirt-sorp:20170122221158j:image

説明したものです。

この意図は、背骨とラケットの先を結ぶ半径の運動を手首とラケットの先を結ぶ半径の運動に変換し、ラケットスピードを簡単に上げる方法について説明をしています。実際に動画の通りスイングすると、フォームの矯正に効果がありました。

 

ただし、上記のYouTube動画で上手くいかないなら、やはり、我がテニスバイブル『フィールテニス』を参考にするしかありません。

というのは、紹介したトップスピードテニスのスイング方法はフェデラー選手の動作をベースにしているからです。

フィールテニスの最新記事では、プロがやっているテーブルトップ(後ろの仮想テーブルの上にラケットを置く体勢)のテイクバックは、コンタクトでのスイングパスが不確実で、多くの場合、ミスショットになるので推奨していません。

プロのスイングでテニスを楽しめない人には、我がテニスバイブル『フィールテニス』を強くお勧めします。

最新記事

Tennis Forehand Technique - 8 Steps To A Modern Forehand | Feel Tennis

最新記事のYouTube

Modern Tennis Forehand Technique In 8 Steps - YouTube