読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

押してダメなら引いてみる

壁練習は、跳ね返るボールのスピードがコントロールできるので気がつきませんが、ラリーの相手が人だと毎回打ちやすいボールを返してくれる訳ではないので、たまに来る速いボールに対してラケットが振り遅れたりします。競技者レベルのボールスピードに対応するには、早くテイクバックするだけではなく、ラケットに勢いをつける方法も知らないと、レクリエーションレベルから卒業するのは難しいことがわかります。

先ずはフェレール選手のフォアハンドをご覧下さい。
次にゴムパチンコをご覧下さい。

Instagram

ゴムを伸ばしてからすぐにリリースせずに、目標にロックオンしてから、更にゴムを伸ばしてリリースしています。
f:id:regnirt-sorp:20160421022014j:image
f:id:regnirt-sorp:20160421022025j:image
フェレール選手のフォアハンドをこのイメージで見てみると、ゴムパチンコのリリースのように、テイクバックしてほんの少しだけ後方に腕を伸ばしてからフォワードスイングに移行しているのがわかります。
大袈裟にやるとひねり戻しになりますが、ここまでやる必要はありません。早めのテイクバックから少し腕を伸ばしてからひねり戻しをすると、あら不思議!簡単にラケットが加速します。

Instagram

ラケットを振るのに、テイクバックでさらに引いてからフォワードスイングすると、引かない時よりもスイングスピードが出せます。この方法だと、フォワードスイング開始から既にラケットスピードが最大になっているため、ラケットにブレーキをかけながらボールコンタクトするイメージになるので、スピードボールにタイミングが合わせ易くなります。結果的にテイクバックしてからすぐフォワードスイングするよりも、簡単にボールコンタクトできるので、ボールスピードは速くなります。

軽いラケットを使いこなすには、この方法が重要です。
f:id:regnirt-sorp:20160421024108j:image