Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

中古ラケットは買ってません!

極論ですが、中古ラケットを買う予算しか使う気がないなら、テニスを続けることができませんので、テニスというスポーツには縁がなかったと思って止めた方がいいです。
 

総額予算の範囲で、万が一中古ラケットを選択するなら、その値段で買える最新の並行輸入ラケットを買った方が詳細なスペックが選べます。ただし、国内保証が欲しい人はその価格差は保険だと思いましょう。

最新モデルが安いこのお店(ガット張りは今ひとつです)をお勧めします。

【楽天市場】価格が安く ジュニア用品・ガットの種類が豊富です!:テニスショップ アミュゼ[トップページ]
 
中古ラケットはスペックに選択の余地がないので、身体をラケットに合わせる必要があり、中古ラケットが自分に合うかはある程度運です。しかし、最新ラケットで選んだなら、種類が多いので、高確率で身体に合う可能性は高いです。その上、最新テニス技術を実現しているラケットの技術革新を確認することができるかもしれません。
 
毎年のようにモデルチェンジしていくテニスラケットは半永久的に使う道具ではないことがわかります。そのため、当然新興メーカーの小さな資本の手に負えるプロダクトではありませんので、選ぶなら名の知れたブランドが間違いないです。ブランドメーカーは、沢山の資本を投じて素材開発を行い、最適なプロダクトラインを世界規模でプロモーションして存続しています。世界市場を数社の大手ブランドメーカーで販売していることが、テニスラケットを広い意味でのコモディティと考える理由です。

テニスラケットは、ハードヒットで傷み、オフセンターショットで傷みます。グロメットやグリップ等の部品が先に駄目になると思われがちですが、フレームも同じ位、傷んでいると考えます。中古販売するお店では、メンテナンスと称して、フレーム清掃、グロメットやリプレイスメントグリップ交換の対処療法をアピールしてお客さんを安心させますが、中古ラケットは全てにおいて傷んでいるので、それだけで改善するとは考え難いです。
 
リサイクルビジネスが躍進する今の時代でも、テニスラケットは、自動車、自転車、ゴルフクラブのように中古販売に耐え得るカテゴリーに分類される道具ではありません。繰り返しになりますが、テニスラケットはコモディティであり、構成する全ては消耗部品なので、構成が似ている歯ブラシと取り扱いが同じであることを認識しましょう。人の使い古した日用品を使う人は少数派?なのに、それを敢えて買って使うのは衛生的にも性能的にも抵抗があります。

また、鋭い感性がある人の中には、型遅れの新品ラケットをお店で強く勧められて購入した後に満足感を得られない人が少なくないと想像できます。ワールドワイドに販売されるモデルラケットは、モデルチェンジでデザインや配色にも配慮されています。アパレルやシューズのデザインやコスメはメンタル面のサポートにも重要な役割があると感じるので、何となくワクワクしない型遅れの新品ラケットもあまりお勧めできません。
 
さて、話は戻りますが、道具を使うスポーツはお全て金がかかります。特にテニスは自主練習てもお金がかかります。練習で上手くなっていけばいくほど練習量が増え、それに比例して賃貸コート代金、ストリングやオーバーグリップテープの交換代金、ニューボールの購入代金がかかります。

ガット張り替えの一定の技術レベルをお店が維持している数少ないお店です。お任せで頼むのが基本です。

上手くなれば試合に出たくなるので、登録料、参加費、遠征費などと併せ、被試合鑑賞に堪え得る頭からつま先までコーディネートしたアパレル、シューズ、バック等が必要です。

テニス用品は品揃えが豊富なこのお店で見つけましょう。

更に良いコーチに習うなら、人によってはどれだけかかるか想像できません。ただ、安くやろうと思えば全てに安っぽく見えるようになります。試合会場で見かけたオーダーのワンピースを着ていた女子選手は、勝っても負けても華があり別格に見えました。敢えて高い物を買う必要はありませんが、アパレルで安い型遅れモデルを選択するケチな裁量は避けたいですね。また、原色の既成品ポロシャツ等のアパレルに、お直しのお店でロゴを刺繍しオリジナル商品として売っているお店で買わされたことがありますが、お店が推奨するほどかっこ良くありませんでした。
 
中古ラケットやノーブランドアパレルを安かった、良かったと購入したお客さんと一緒に安心するのは、タダ同然で仕入れた商品の販売で儲けたお店です。お店で無料サービスを受けても、安くても過剰に払った代金に上乗せしていますので喜ばない方が良いです。
 
中古ラケットを使うのは、テニスを始めるきっかけのテニス体験期間やラケットの試打会の時、あとラウンドワンのスポッチャだということを覚えておきましょう。
 
新品を買うお金がもったいないなら、テニスは止めた方が無難と考える理由を書きました。お金がかからない健康増進なら、iPhoneを携帯して、自宅近所のウォーキングするのが良いかもしれません。(笑)。

中古ラケットを積極的に売りつけるお店はブラックです。ただ、使わないラケットを廃棄する時に中型ゴミで出すのも忍びないので、中古ラケットのお店は必要です。着払い宅配で、中古ラケットを高く引き取ってくれるこのお店はお勧めです(ネットで探した何社かに直接見積もりをして一番条件が良かったです)。
f:id:regnirt-sorp:20151118084454j:image
 
広告を非表示にする