読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

クロスコートに打ち続ける

フォアハンド
ブログで簡単に紹介してしまいましたが、ひねり戻しの動きをは、フォアハンドで実践するのに相当なフィジカルが必要だと練習してみてわかりました。
フォアハンドはきちんとクロスコートに返さないと、相手に攻撃のアドバンテージを与えることになるのですが、ひねり戻しの動作をすると、スイングが遅れてクロスコートに上手く打てません。せっかくのひねり戻しでしたか、体力がついていかない私には、諸刃の剣でした。
タイミングが間に合わないので、ひねり戻しを始め手首の余計な動きを封印してゼロプレーンの動きだけにしたら、上手くクロスコートに打ち続けることができました。参考にしたスイングはアガシさんのフォアハンドです。シンプルなボディターンの基本動作だと思います。
f:id:regnirt-sorp:20150830113043j:image

アガシさんのスイングは、グラフィンラジカルレフとの相性が最も良く、楽しく練習できました。アガシさんのスイングなら、超トップヘビーバランスのグラフィンラジカルレフの重さを感じずに使うことができました。
f:id:regnirt-sorp:20150830113352j:image

参考のため、アガシさんのフォアハンドのスライドショーを作成しましたが、スイングが遅くなる原因と考えたひねり戻しやプロネーション等の手首の動きを最小限にしたスイングをしているのがわかります。