読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

グラフィンXT

国内テニスショップからヘッドの来年モデルが発表されています。

まだ情報はないですが、ATPファイナルの優勝候補のNo1プレイヤーのジョコビッチ選手も、ヘッドとの契約を更新すれば、30%強度増のグラフィンXTのスピードのラケットを使うことになるでしょうね。

2015モデルで興味深いラケットは、国内カタログ未搭載のグラフィン エキストリームLITEとほぼ同じスペックのグラフィンXTスピードREVPROです。


Head Graphene XT Speed Rev Pro Tennis Racquet

Head Graphene XT Speed Rev Pro Racquets

スペック比較

f:id:regnirt-sorp:20141130033527j:plain

スピードREVPROを国内販売し、エキストリームLITEはなぜ国内販売から外したのかは不思議です。というのも、9月に購入したエキストリームLITEを使った2ヶ月で私の技術レベルが二段階アップしたからです。

ヘッドラケットプロダクトラインは、隔年でラケット素材やグロメットの素材に改良を重ねてきました。昨年からはプロダクトラインにグラフィンを採用し、困難だった強度と重量軽減を両立し、今年になってやっと生まれたエキストリームLITEですが、このラケットで初めてブログに書いてきたプロ選手のラケットの使い方を実践できたと思います。 

ラケットの使い方はブログに書いてきたとおりですが、非力な日本人テニス愛好家の1人の私でもパフォーマンスを高めることのできたのは、グラフィンのエキストリームLITEのおかげです。エキストリームコンセプトのスピン系パワーラケットをLITEで初めて実感できたと思います。

さらに強度のあるグラフィンXTを採用したスピードREVPROは、エキストリームLITEと重さとバランスが近く、同じように使い易いと想像しています。

 

グラフィンXTスピード ガットの張り方の指定

http://www.head.com/__static/catalogues/HEAD_Stringing_Instructions_2014_EN.pdf

 

付録)ジョコビッチ選手のボディターン 

 

 

 

 

 

 
広告を非表示にする