読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

スマッシュのポイント


Consistent Overheads When Moving Backwards ...
Why You Miss Overheads While Moving Backwards | Feel Tennis

この記事の趣旨は、後ろに下がりながらスマッシュを打ち込むときにミスするのには理由がある、と言う内容ですが、スマッシュの目的や狙う場所を知っていないと、なぜ記事にある修正をしなければならないか理解できないかもしれません。

作成したスライドショーは、スマッシュを3回打っています。1回目と2回目は移動しないスマッシュで、3回目に後ろに移動ながら高いボールを打つとネットします。

参考になるのは、2回目の移動せずに打つスマッシュです。この時に狙っている場所はサービスライン付近です。後ろに移動しないスマッシュで注意するポイントは次の3点です。

利き腕と反対の腕を高く上げながら足を動かし続けて、頭は打点の真下ではなく、やや左側に移動している(右利きなので)こと。

そしてボールは頭の真上ではなく身体の右側(右肩の上)の低い位置(それもかなり前)で打っていること。

身体(上半身)は棒のようにして打ち終えても後ろに残し、あたかも腕だけで打っていること。

上記理由のため、後ろに移動しながら打つ場合は、動かずに打つ場合よりもボールを前で打つことになり、ネットに打ってしまうという理屈です。

なので、後ろに移動しながら打つスマッシュは、頭上(右肩上方)で、ベースライン付近(コートの奥)を狙ってボールを打つことがポイントのようです。

スマッシュはポイントを終わらせるショットなので、チャンスボールをサービスライン付近に打ち込めなければ意味がありません。スマッシュミスの理由を解説する記事の理解には、スマッシュの目的と狙う場所を知っている必要があると考えます。

実際にスマッシュをベースラインではなくサービスライン付近に打ち込めば、スマッシュとロブリターンを気持ち良く長く続けることができます。