読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

スライスサーブのコツ

フラットサーブ、スピンサーブが打てなくても、本能的にスライスサーブは打てます。

ただし、サービスモーションが身についていないので、多くの人が、羽子板サーブで、クロスストリング(横糸)で打っています。

メインストリング(縦糸)で打つようにすることで、ファーストサーブでの強力な武器になるので、スライドショーを作ってみました。

参考にしたのはYouTubeの次の動画です。

Improve Your Tennis Slice Serve With This Feel Drill - YouTube

テクニック導入部分(メインストリングで打つ感覚)と完成形(実際のスライスサーブ)を紹介します。

導入部分ですが、スライスサーブの理屈がわかります。注目するのは、ラケットのスイング方向とボールの飛んでいく方向が違うところです。この方法で打てばインスタントにサーブの威力が増しコントロールしやすくなります。


完成形(これを実践するには、サービスモーションの動きをマスターする必要があります。)