読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

フィニッシュキャッチ

フィニッシュキャッチするように指摘を受けたことがありますが、今日初めてフィニッシュキャッチできました。フィニッシュキャッチは正しいスイングができた結果であり、理由があるのがわかりました。

多くのテニススイングの基本動作と同様に、フィニッシュキャッチも改善できるヒント(コツ)を知らなければ、同じように見えても偽物キャッチ(後付けの無理やり)であり、当然ですがボールのアウトプットが全く異なります。
f:id:regnirt-sorp:20141012211226j:plain

ストーキングザボールでセットするのはベースラインより手前ですが、ボールとラケットがコンタクトするのはベースラインと黄色い点線の作るエリアです。
f:id:regnirt-sorp:20141013211405j:plain
f:id:regnirt-sorp:20141013174427j:plain

コンタクトゾーンの基本は、ラケット面は、地面と垂直で斜め上方に移動することです。
f:id:regnirt-sorp:20141012194316j:plain

コンタクトゾーンでは、ラケットを直線的に動かします。それを実感する練習がこれです。
f:id:regnirt-sorp:20141012211613j:plain
f:id:regnirt-sorp:20141012211633j:plain

フォワードスイングの悪い例は、ラケットが遠回りすることです。
f:id:regnirt-sorp:20141012194140j:plain

これらを踏まえ、今日の練習ではフェデラー選手のコンタクトの真似をしていましたが、気になったのはフィニッシュキャッチでした。
f:id:regnirt-sorp:20141012195430j:plain

そこで、フィニッシュキャッチのお手本を見てみると、ボールコンタクトで、ラケット、腕、体幹を固定してスイングしていました。このやり方だと自然にフィニッシュキャッチになりますが、例えるとスコップで土や雪を投げる感じです。
f:id:regnirt-sorp:20141012211354j:plain
f:id:regnirt-sorp:20141012211416j:plain
ラケット、腕、体幹を固定してコンタクト
f:id:regnirt-sorp:20141012211435j:plain
f:id:regnirt-sorp:20141012211527j:plain
f:id:regnirt-sorp:20141012211701j:plain

これは、今日の夕方、フィニッシュキャッチできるようになった画像です。これまでより球威が出てコントロールし易くなり驚きです。
f:id:regnirt-sorp:20141012212049j:plain