読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

サービスモーションの練習

サービスモーションの練習方法で紐付きのボールを使うYouTubeの動画がありました。

How To Develop A Deep Drop / Loop In The Serve | Feel Tennis

 

紹介するのはPart1ですが、真似するには動画が早過ぎなので、連続静止画像にしました。


6 Drills For Improving A Shallow Drop In A Tennis Serve - YouTube

 
上手くできるとエンドレスで練習できますが、振り終わったときから再度トロフィーポーズをするまでのやり方が難しいです。また、インパクトでの頭と腕の角度を広くするのが大事と考えます。
ラケットとボールを使う実践ではこれより相当ゆっくりスイングするのがポイントです。
f:id:regnirt-sorp:20140820125649j:plain
 
家にあった太いビニール紐と洗濯ばさみ(3個)を太い輪ゴムで連結して作ったので、制作費は殆どタダでした。
f:id:regnirt-sorp:20140820125701j:plain
 
サービスモーション開始。ボールと紐は絶対に身体に当たらないようにします。
f:id:regnirt-sorp:20140820125720j:plain
 
ボールと紐はトロフィーポーズのとき背中側で前方に向かって回ります。身体の正面はサイドネットを向いています。
f:id:regnirt-sorp:20140820125759j:plain
 
ボールと紐が遅れてくるタイミングを身体に理解させて、実際にサービスするときにラケットを背中深くドロップできるようにするのがこの練習の目的です。
f:id:regnirt-sorp:20140820125826j:plain
 
右斜め前の仮想インパクトに向かいます。
f:id:regnirt-sorp:20140820125853j:plain
 
ボールと紐がインパクトで腕を追い越す位、ゆっくりスイングします。ここで身体の正面がネット方向を向きます。
f:id:regnirt-sorp:20140820125917j:plain
 
頭と紐がYになっているのがポイントです。ラケットの軌跡と同じになるので、ボールと紐は斜め前に向かいます。
f:id:regnirt-sorp:20140820125931j:plain
 
フィニッシュしたら、横8の字を描き最初のポジションに戻ります。
f:id:regnirt-sorp:20140820181057j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140820181245j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140820181316j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140820181351j:plain
 
身体を上手く使いボールと紐が身体に当たらなければ無限に続くはずですが、実際にやってみると難しいです。