読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

トミー・ハース選手のフォアハンド

これはハイスピード撮影解析したでナダル選手のフォアハンドトップスピンのインパクト直前のラケットの動きですが、等速運動しています(線がラケットの動きで、緑線がインパクト)。

f:id:regnirt-sorp:20140518154134j:plain
 
ところが、YouTube動画で見てみると、スローで見ても加速しているようにしか見えません。つまり、ハイスピード撮影の分析がなければ本当のトッププロ選手の動きを知ることができませんでした。
 
実際に次の動画で練習してみると、やはりロックインポジションをインパクトまでで加速させてしまうと、キチンと当たる確率が格段に低くなりました。
 
ロックインポジションでインパク
f:id:regnirt-sorp:20140518160005j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140518155445j:plain 
普通に見てもわからない、それがプロのプロたる所以ですが、知らなければフォアハンドでトップスピンを打つことは一生かかってもできませんでした。
 
一連の動きは、トミー・ハース選手のフォアハンド動画が一番参考になります。インパクトまでゆっくりです。インパクト直後からフィニッシュで加速しているのがよくわかります。