Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

インパクトの練習

インパクトの瞬間の感覚を掴んでから、一連のフォアハンド動作をすれば、トップスピンボールを打つことができます。

ちなみに、プロのストリンガーさんのガット張りしたラケットでは、この3〜5/1000秒と言われるインパクトの瞬間を感じ取れるそうです。

この希少なガット張りラケットを入手できた人はラッキーです。ただし、正しいラケットの使い方をしなければ、最高級ラケットと言えど、普通のガット張りしたラケットと何も変わりません。

なので、全てのテニス愛好家には、入手困難な最高級ラケットの必要はありません。必要なのはどこでも売っている数百円のジュニア用ボールです。たまたまT.I.P.オレンジボールを使いました。

f:id:regnirt-sorp:20140517194653j:plain

【楽天市場】ヘッド(HEAD) テニスボール T.I.P.オレンジ 3球入り(1袋) 578223:テニスジャパン 楽天市場店

ボールは、軽くて飛ばないですが、この性質により、普通のボールではわからないインパクトを実際に感じることができます。

 

ポイントはロックインポジションのままメインストリングだけに当てることです。

f:id:regnirt-sorp:20140517194759j:plain 

 

少しでも知識のあるストリンガーさんなら、メインストリングよりクロスストリングのテンションがかなり低く張ってあるので、正しく当たらなければ、クロスストリングがヨレます。

f:id:regnirt-sorp:20140517194825j:plain

 

ラケットは振り切りません。インパクトの瞬間を感じることが大事です。T.I.Pボールは優しく打つと弾かないですが、メインストリングにきちんと当たれば、ボールはきれいな縦回転で飛びます。また、打球音でわかります。力は必要ありません。リラックスとタイミングです。

f:id:regnirt-sorp:20140517194912j:plain

 

この練習で正しいフォームでのインパクトを練習できますが、軽いT.I.Pボールに慣れると手打ちになってしまうので、できるようになったらすぐに普通のボールに変えるのがポイントです。

正しいラケットの使い方をテイクバック〜フィニッシュの一連の動作で意識すれば、強いボールやトップスピンが必ず打てるようになります。

広告を非表示にする