読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

トップスピンサーブのプロネーション練習

詳しい解説はYouTubeの動画にあります。できればガットを張りたてのラケットとニューボールを使うのが望ましいですが、このYouTubeの動画のようにスイングできると、冗談抜きで跳ねるトップスピンサーブが打てます。

Tennis Serve  Pronation Exercise For Top Spin Serves

ただし、テニスを始めたときからプロネーションを使わずにサーブを打ってきた愛好家には、この練習を最初から硬式ボールでやるのは難しいと思います。

硬式ボールの代わりにスポンジボールを使うと四畳半くらいの狭い部屋でも練習ができるので、短時間でコツを掴めます。

プロネーションの動きがわかると、フラットサーブで強いボールが楽に打てるようになります。

f:id:regnirt-sorp:20140330074021j:plain

ツオンガ選手
f:id:regnirt-sorp:20140330074043j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140330074130j:plain

f:id:regnirt-sorp:20140330074159j:plain

手を使ってラケットフレームの動きを解説しています。

横から見た画像
手のひらをラケット面と見たてると、空手チョップのようにボールに向かいます。
f:id:regnirt-sorp:20140330074314j:plain

手のひら(ラケット面)にボールが当たり擦られていきます。
f:id:regnirt-sorp:20140330074709j:plain

人差し指にきたときプロネーション
f:id:regnirt-sorp:20140330075045j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140330075111j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140330075129j:plain

前から見た画像
f:id:regnirt-sorp:20140330075353j:plain

人差し指にきたときプロネーション
f:id:regnirt-sorp:20140330075432j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140330075505j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140330075526j:plain

実際にラケットを使いボールを打つ練習です。ラケットをサイドネット方向に振って、ボールがネット方向に飛ぶ感覚を掴むための練習です。スポンジボールを使っても感覚は掴めるので、正座してやれば家の中でも練習できます。

ボールをトスして、ラケットを担ぎます。
f:id:regnirt-sorp:20140330075916j:plain
ラケットフレームのエッジからボールに向かいます。
f:id:regnirt-sorp:20140330080019j:plain
ラケット面でボールを擦るように当てますが、当たったらすぐプロネーションしています。
f:id:regnirt-sorp:20140330080130j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140330080441j:plain
腕をプロネーションさせているので、フィニッシュは必ずこの形になります。
f:id:regnirt-sorp:20140330080552j:plain
身体が完全に前を向かないようにします。
f:id:regnirt-sorp:20140330080624j:plain

トップスピンサーブでは体幹(背中)をひねらず、ラケットはサイドネット方向に振ります。フラットサーブ、スライスサーブでは野球の投球動作のように体幹をひねり、ラケットをネット方向に振りますが、この時もプロネーションをしています。

フラットサーブ、スライスサーブの動き
f:id:regnirt-sorp:20140330081235j:plain
身体は前を向きます。
f:id:regnirt-sorp:20140330081401j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140330081504j:plain
プロネーションして、ラケット面がフラットにボールに当たります。
f:id:regnirt-sorp:20140330081525j:plain
身体は完全に前を向きます。
f:id:regnirt-sorp:20140330081725j:plain