読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

必要最低限のテニスラケットとは

プロのストリンガーさんがガット張りをした最高のラケットを使わなくても、必要最低限の条件を満たすラケットであればテニスの基本動作を身につけることはできると考えます。

もしそうでなければ、テニスラケット製造メーカーやガット張りをしてラケット販売する小売店は、テニス愛好家から集団訴訟をされれば敗訴するでしょう。

国内には、プロ選手が使うために、プロのストリンガーさんがガット張りしたラケットが本物のラケットで、それ以外は偽物と言い切る小売店があります。プロ選手は、ほとんどの場合、プロのストリンガーさんの言う本物のラケットを使うよりも先にプロ選手としての技術があると思います。

テニスの基本動作が身についていない愛好家が本物のラケットを探すのは、幸福の青い鳥を探すのと同じで、有名なプロのストリンガーさんに辿りついて本物と言われるラケットを使っても、自他ともが認める質の高いテニスにはならず、また青い鳥を探す旅が続くだけです。

トッププロレベルとはいかないまでも愛好家レベルで見栄えのするスイングと打ち出されるボールの質を上げるための絶対条件は、ゲイブハラミオの無料DVDに告知されているように、正しい知識による基本動作を反復練習して身につける以外ありません。


必要最低限のテニスラケットを入手するための小売店選択の条件を挙げると、

  • 新品のラケットを販売していること
  • 2年以内に発売(製造)されたストリングを販売していること
  • 少なくとも3年以内に更新したストリング製造メーカーブランドの電子制御のガット張りマシンを使っていること
  • グロメット交換、リプレイスメントグリップ交換の対応できること
  • お任せのガット張りの対応ができること
  • 複数のストリンガーさんが同じ張り方ができること
もし、ストリンガーさん達がテニスが上手く、海外のテニス技術情報に精通していれば最低限ではありません。