読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

ナダル選手の球出し

ナダル選手の球出しです。前腕のスピネーション、ヌートル、プロネーション一連の動作で一瞬にラケットを回して打っています。
f:id:regnirt-sorp:20140214213822j:plain
スピネーション=ロックインポジション
f:id:regnirt-sorp:20140214213620j:plain
ヌートル=インパクト前
f:id:regnirt-sorp:20140214213637j:plain
プロネーション
f:id:regnirt-sorp:20140214213655j:plain
ラケット面はインパクトしてから回っています。
f:id:regnirt-sorp:20140214213840j:plain

ラケットを回す動作で手首、肘、肩、体幹、ラケットの反動を使っても、空手の正拳突きの前腕の動作の早さにはなりません。ラケットを持って正拳突きをしてみればわかります。
f:id:regnirt-sorp:20140214214327j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140214214424j:plain
腕を曲げて伸ばす間にラケットは回っています。
f:id:regnirt-sorp:20140214214436j:plain

インパクトしてすぐにラケット面を返すのですが、返すスピードを早くするほど強いボールが打てます。強いボールを打つのには、プロ選手のようにテイクバックからインパクトまでの距離は必要ありません。

前腕の回転を使わないのが次のスイングです。この打ち方でラケット面をボールに強く当てるためには、テイクバックからインパクトまでの距離を長くして、体幹、上腕を使って力任せに打つ必要があります。これが多くの日本人愛好家に見らる背中までラケットを回してテイクバックしている原因です。
f:id:regnirt-sorp:20140214213943j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140214213413j:plain
f:id:regnirt-sorp:20140214213433j:plain
インパクト後もラケット面は返りません。
f:id:regnirt-sorp:20140214213500j:plain
テイクバックからインパクトまでの距離が取っていないので、弱いボールになります。
f:id:regnirt-sorp:20140214213916j:plain