読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

どの位のゆっくりのスイングか?

軽いラケットを使うのが前提です。
f:id:regnirt-sorp:20131128080447j:plain
最初に確認する作業があります。それは、このスイングのとおり、フォワードスイングからフィニッシュまで、自分ができる最大のスピードでスイングすることです。

この時、利き腕側(右利きなら右側)でものすごく大きな風切り音がします。しないなら、この後は読む必要ありません。

風切り音がしたならば、ゆっくりのポイントは、フォワードスイングからラケットを手首で固定する態勢までの利き腕側で、風切り音が全くしないスピードにすることです。大事なことはこれだけです。

自分のできる最大のスピードでスイングしたときは、次の写真のようなフィニッシュの態勢にオートマチックにはなりません。

f:id:regnirt-sorp:20131128081422j:plain

利き腕側で風切り音が全くしないゆっくりスイングをするとき、利き腕と反対側(右利きなら左側)で風切り音がして、オートマチックにフィニッシュの態勢になります。

オートマチックなフィニッシュにならなかったり、利き腕と反対側で風切り音がしない場合は、ゆっくりさが足りないので練習が必要です。

ゆっくりのスイングが軽いラケットでできると、重いラケットでもスイングが軽く感じるようになります。

簡単なようですが、これをマスターするのに、1年以上かかる場合もありますが、フォアハンドはベースラインからの武器に変わります。