読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

スチーム105Sを勧める理由

多くのプロのストリンガーさんは、自身の素晴らしいガット張りの機能を発揮させるのはその使い方によると考えています。

 

なので、今まで使ってきたラケットでプロのストリンガーさんのガット張りをしたり、プロのストリンガーさんの勧める新品ラケットにオリジナルストリングを張ったものを購入して、もし使い心地が良くなかったと正直に報告した場合には、『ラケットの使い方が悪い』と言われるはずです。

 

そして、オーバーグリップがきちんと巻けていない、新品ボール使っていない、フォームがオカシイ、これまで使っていたラケットのガット張りや一緒にテニスをやっている仲間が悪い、人生の考え方が悪い。等、使えない原因をコンコンと説明されることもあるかもしれません。

 

プロのストリンガーさんの指摘に納得いかない方は、それっきりガット張りを頼まないでしょうが、言われることはほとんど本当ですので、藁にも掴む思いの方ほど新興宗教や穀物先物取引のように破綻するまで逃げられなくなります。

 

でも、あなたはプロプレイヤーではありません。大人になってから始めたのなら、どんなに頑張ってもプロプレイヤーになる可能性もほとんどありませんよ。それならば、使い方が悪いのは当然でしょう。テニスは一気に上達するわけもなく、そもそもそんな素晴らしく恐れ多いラケットを始めから選択する必要があったかを自問するところから始める必要があります。

 

プロのストリンガーさんのガット張りや、勧められたラケットが合わなかったのなら、これまでのテニスが根本的に間違っているので、テニスを辞める選択をお勧めします。それでもテニスをしたい、もっと上手くなりたいと思うのなら、プロのストリンガーさんの技術を再現してくれるスチームSを使ってラケットの使い方を基礎からやり直すのも選択肢の一つです。

 

プロのストリンガーさんのガット張りラケットを何十回も使ったので言えますが、スチームSは初心者レベルでもガットの使い方がわかるラケットです。いくらプロのストリンガーさんといえども、プロモデルのラケットではストリングホール数とラケット面の広さの関係でメインストリングの稼働域が制約され、初心者がいきなりコツを掴むことは難しいです。

 

ラケットを使うコツは、メインストリングがどうやったら使えるようになるかということに尽きます。初心者には、プロのストリンガーさんのガット張りでも、使うラケットによっては打ち方のコツすらわからないものもありました。

 

なので、初心者レベルで頑固にプロのストリンガーさんのガット張りラケットにこだわる必要はないと思います。それよりは、スチームSを使ってプロの真似をして、打ち方やスピンのコツを体得するのが早道だったと思います。

 

スチームSで上手にスピンが掛けられるようになれば、プロのストリンガーさんのガット張りだけでなく、何でも使えることに気がつくと思います。