読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

ラケットの選び方

ご存じのとおり、テニスラケットは他のスポーツアイテムと同じく毎シーズンモデルチェンジした新製品が投入されます。

モデルチェンジの内容は機能や塗装ですが、ラケットサイズにレギュレーションがあるため、最近の素材を使っていれば、一般人には旧モデルとの違いは塗装しかわかりません(笑)。

ラケットメーカーは、生き残りを賭けてラケットのシリーズをどんどん絞り込んでいるので、機能面での革新的な変化は少なく、統一的な最低限の機能に集約されている可能性があります。

ただ、ウィルソンさんだけは、専属プロプレイヤーの使うラケットが多岐にわたっているので、自分の体力やスイングフォームを正確に把握できれば合うラケットが選択できるかもしれません。

実際には、スチームSのようにテニスラケットの基本機能を一般人に向けに特化した革新的なラケットを使えるようになれば、きっと合うラケットは見つかります。

プロのストリンガーさんにガット張りしてもらえば、ラケットの機能は改善するかもしれません。さらに劇的な変化を求めるならスイングの基本を身につけるしかありません。

プロのストリンガーさんにガット張りを依頼すれば、オリジナルストリングでのプレイヤーカスタムメイドのガット張りのパフォーマンスには満足できるかもしれませんが、基本がない場合はラケットが自分に合っているかわからないですよ。

プロのストリンガーさんにガット張りをお願いするのもアリですが、それは対処療法的です。

最低限のラケットの機能をガット張りでフォローするやり方は根本治療ではないかもしれません。

もしも近所のお店で製造後一年未満のガットを緩み難く張ってもらえるならまずスチームSでしょう。

プロのストリンガーさんのガット張りは、一流のプレイヤーのためにガットを張るための技術です。ストリンギング技術が高ければ高いほど、普通のラケットフレームへのガット張りでは愛好者には使えないジレンマがあります。理由は、愛好者がプロプレイヤーのようにラケットや身体を使っていないからです。

自分の技術に慢心したプロのストリンガーさんはいると思いますが、そのガット張りがいくら貴重で有限であっても、技術が身についていない愛好者には合わないか、変わらないと確信しています。

それよりもウィルソンスチームSのようなシリーズを選択して、緩み難いガット張りができるお店で新しいガットを張ってもらい、キチンと使えるよう練習したほうが、コストパフォーマンスが高いと思います。

いくら、ガットが切れにくくても、オリジナルストリングでのカスタム仕様のガット張りであっても、一人のプロのストリンガーさんにしかできないなら、その人ががこの世からいなくなれば代替品はありません。

ミルクの入ったコップや卵をもった籠を同じお盆で運ぶなら、何かあったときのリスクは計り知れないものがありますが、テニスラケットに関しては、それはそれで、変な呪縛から解放されることやそんなに違いがないことに気がつき、結果オーライになることもあるでしょう。
広告を非表示にする