読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

スポンジボールも使いよう

スポンジボールと言うと、小学生か!と言われそうですが、テニスボールよりも大きいサイズの重たいスポンジボールを使うと、第三種のテコの原理を使うスイングの練習ができます。

足は常時ステップしながら、ゆっくり打つのが基本です。室内でラケットを前後に振れる四畳半くらいのスペースがあれば練習ができます。

用意するのは、テニスボールサイズの軽いスポンジボールではなく、大きいサイズの重たいスポンジボールです。理由はキチンとスイングできていないと、肘や手首のどこかに負荷を感じてわかるからです。

次の画像の動きの範囲で、ラケットは手首でロックして、かなり前で打つようにします。手首は使わないようにして、肩(支点)、腕、グリップ(力点)、ラケット(作用点)で構成する第三種のテコが、ボールをクロス方向に運ぶイメージです。
f:id:regnirt-sorp:20131009181734j:plainf:id:regnirt-sorp:20131013023541j:plain

両足を動かすことを忘れずに、重たいスポンジボールを狙った高さにコントロールできていることを毎回確認します。

f:id:regnirt-sorp:20131009182137j:plain