読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

正しいスイングなら頭は動きません。

ラケットを背中まで引いて、背骨の旋回の勢いを利用するスイングでは、背骨が軸になります。このスイングが思い当たる場合、鏡の前で素振りをすると、フィニッシュで頭が動くことに気がつきます。

 

正しいスイングは、背骨を軸にして肩が回るもののラケットの勢いを利用しないので頭は動きません。

 

違いは、ゴルフのパットで普通のパターを使うのと長尺パターを使うのをイメージするとよくわかります。

 

長尺パターの支点はパターのグリップエンドですが、正しいスイングでの支点は肩です。

 

第3種のテコの原理のわかりやすい応用事例は、長尺パターです。