Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

関連した動作

壁打ちの基本(フォアハンド編)

ベンウォルフさんのブログから引用した壁打ちのヒント(フォアハンド)をまとめてみました。余計な説明は野暮なので、ブログを自動翻訳で読んで、YouTubeをご覧ください。 ベンウォルフさんの壁打ちのブログ Your Toughtest Opponent: The Wall — Ben Wolfe …

ラケットが軽くなる身体の使い方

先日、ベンウォルフさんのユニバーサルスイングについてユニバーサルスイングの勧め - Regnirt-sorpの日記で書きました。ベンウォルフさんのYouTube動画には、ラケットを持たない方の腕の補助動作がありました。これを行ってから素振りをすると、ラケットが…

フォアハンドのラケット面

役に立つかそうでないかは別として、日本人テニス愛好家を代表する愉快で寛大なYouTube動画投稿を紹介します。 宮澤盛男 - YouTube 今週の練習でフォアハンドのショットが上手くいく時とそうでない時があり、投稿された動画にその原因がわかる動画があったの…

ユニバーサルスイングの勧め

前回紹介したベンウォルフさんのYouTube動画のフォアハンドスイングの動作を練習でやってみましたが、フォアハンドが随分強烈になりました。我がテニスバイブル フィールテニスに、物理の法則を使うことで更に効果的なスイングができる表題の新着記事があり…

フォアハンドの運動連鎖を阻害する動作

前回のブログで取り上げたベンウォルフさんのYouTube動画には、ラケットヘッドスピードをアップさせない動作も解説していたので、その阻害する動作をピックアップして編集してみました。 Increasing Racquet Head Speed With Less Effort - YouTube Instagra…

ラケットヘッドスピードをアップするには

8月初旬に熱いナメコ汁が胃に滲みたので胃腸科の病院に行きました。タケキャブを2週間分処方され、17日に胃の内視鏡検査とピロリ菌の検査をしました。タケキャブの効果なのか、内視鏡検査では異常はなく、ピロリ菌も抗体陰性でした。 ところが、胃の内視…

ズベレフ選手のフォアハンド

最新のテニススキルは、現時点で活躍している選手のフォームが参考になると思います。継続してランクアップしているズベレフ選手のフォアハンドを取り上げ、YouTubeの画像の切り取りと動画編集をしてみました。 ズベレフ選手は恵まれた体格ですが、そうでは…

フォアハンドの運動連鎖実践のヒント

次のYouTubeに勝者のフットワーク塾の宣伝用プロモーションビデオ2本を編集して、フォアハンドの運動連鎖がわかる動画にしました。この通りに身体を使ってみると、ラケットを上手く使えなかった原因がわかります。 勝者のフットワーク塾 脱力と軸をスイング…

フォアハンドの手首

ボールにパワーを加えるためにグリップをしっかり握りしめても良いボールが打てないのには理由があるようです。 我がテニスバイブル「フィールテニス」で解説していたので、動画を編集しました。 Tennis Forehand Drop Techniques - Control Vs Power - YouT…

なぜ、スピンが掛ら(また、パワーが出)ないかを考える

テニスでスピンを掛ける方法やパワーを出す方法については、たくさん知見が溢れており、このブログでも取り上げてきました。ただ、自分はそれを参考にしてもまだ完全にできていません。そこで、できない理由を考え、共通の動きのある他のスポーツでの身体の…

このYouTube(テニス指導ビデオ)がすごい

YouTubeの情報はテニス分野に限らず、玉石混交で、私のブログのようにどうでも良い情報は少なくありませんが、わかりやすく説明している情報があったので紹介します。フォアハンドやバックハンドのトップスピンを打てるようになりたい人には、このYouTube動…

稲村亜美さんの運動連鎖

スタイルが良くてセクシーで野球の上手い稲村亜美さんの運動連鎖の画像で今年のブログを締めくくりたいと思います。 今年を振り返ると、去年の今頃は、違うラケットを握っていました。途中でにわかバボラーにもなりました。結局、シーズン始め(3月)に悩み…

スイートスポットに当てるには

我がテニスバイブルの最近の記事です。タイトル通り、ヘッドアットコンタクトが答えです。ボールをスイートスポットに当てるのは、テニスの重要な基本動作であり、記事によれば習得には数ヶ月必要とのこと。これを克服できなければ、体力が無尽蔵にない限り…

ヒップターンのヒント

先週もテニススクールに行ってしまいました。ゴムチューブを使った体幹のアップを行なっていたときに、股関節の使い方の究極はヒップターンと言う説明がありました。 家に帰ってから、ユニットターンで、肩の回転の意識と併せ、お尻を回転させると、スイング…

ボディターンのメリット

静止したボールを打撃する練習で、肩を支点として腕だけを使うスイングと背骨を支点としたボディターンのスイングを比較すると、パワーとスピンの掛かり具合は、明らかに後者が勝ります。ボールを正確にスイートスポットに当てようとして腕で打ってしまいが…

室内でできる手作り打撃練習用器具と練習方法

簡単に作成できる室内用の打撃練習器具と練習方法の編集動画を作ってみました。この方法なら実際にラケットをボールに当てるので、素振りよりも身体の使い方が良くわかると思います。 準備するのは、つっぱり棒(適当な長さの棒)、釘、ズボン用の皮ベルト、…

ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜

表題の番組をたまたま見てたら、面白い内容で、指の痺れがなくなったので紹介します。 番組YouTubeはこちら 二の腕を細くする方法 【二の腕】を細くするストレッチ!! - YouTube 教えくれるのは、この方 参考になった効能は、肩を正しい位置にする点で、そ…

両肩の使い方練習

歩いている人の背中を見て気がついたことがあります。腕を振らない人も少なくないですが、両腕を振っているのに、ほとんどの人は、両肩を結んだ線はピクリとも動いていません。小学校の徒競走を見る機会がありましたが、過半数の子供が動いているのに、大人…

スプリットステップの習得ヒント

テニスの基本中の基本であるスプリットステップを当たり前にできるようになるヒントが、我がテニスバイブル、フィールテニスの最近の記事にありましたので紹介します。スプリットステップしていないけど、しなければと考えている人は必見です。Timing Of The…

ヒッティング メカニズム

野球のヒッティングメカニズムのユーチューブ動画ですが、バットの使い方はテニスラケットと共通する点があるので紹介します。Baseball Hitting Mechanics | Perfect Swing Plane (Pro Speed Baseball) - YouTubeバットスイングを肉眼で見ると、手首(力点)…

エキストリームレフプロの使い方

フェレール選手のボール出しが大変参考になったので、スライドショーを作りました。結論は、手首や腕でラケットに反動をつけないで、コンタクトでプロネーションするだけです。フィールテニスでは、ロールアンドコンプレスと表現していますが、ユニットター…

ありがとう古田さん

このyoutubeの最後にパワーボールが打てるヒントありました。強打が打てるようになるバットの握り方とは...? - YouTube古田さんがバットで力の入る握り方を探す方法はこちらのシーンですがテニスラケットも探し方は一緒です。コンタクトの位置で探すと、い…

サーブ7ステップの効果

記事の冒頭で、技術が正しいとき、サーブは唯一の武器とあります。ウエイター(羽子板)サーブをこのオフシーズンで直したい人は必見です。サーブでのクリーンショットをヒットするためのフラットサーブの練習ですが、スピン、スライスサーブにも応用できま…

ロックインポジションを作動させる準備

フェレール選手のyoutube動画を加工して説明してみます。David Ferrer Forehand and Backhand 4 - Indian Wells 2013 - BNP Paribas Open - YouTubeロックインポジションの形を簡単に説明すると、ラケットのグリップキャップのメーカーロゴをボール方向に向…

ロックインポジションが重要

フェレール選手のyoutube動画のスイングでの共通の動作を探してみました。David Ferrer Forehand and Backhand in Slow Motion - YouTubeyoutube動画を何回も観ていて気がついたのは、当然フェイスザボールアットコンタクトしているので、顔はボールを向いて…

スイングイメージ

昨日の練習を図にしてみました。前(相手コート)後2次元で表示していますが、フォアハンド、サービス、オーバーヘッドショットでこのイメージでのスイングができると、クリーンショットになります。ボールは正面から飛んできますが、コンタクトの予想ポイ…

フェレール選手のトップスピン

youtubeにあったUSオープンでのフェデラー選手の練習風景です。簡単にトップスピンやスライスを掛けることができたらテニスはもっと楽しくなりますね。 Roger Federer Practice | US Open 2015 | Court Level View - YouTube フェデラー選手のスイングはな…

クリーンショットのためのスイング

今日は、フィールテニスの最新記事にインスパイアされ、グラフィンのエキストリームライトとラジカルレフで練習をしました。注意点がテロップにありますが、顔をボールに向け、ボールに対してスイング及び体重移動を行い、目標物となるコート左隅の黄色の物…

サービス改善のきっかけ?

広告のユーズニー選手の真上からのサービス写真のラケットの面と顔が気になりました。真っ直ぐ空に向いています。写真を180度回転させるとイメージが掴み易いです(次の写真)。少しだけエキストリームライトを使いスポンジボールでやってみましたが、ラ…

この世で一番肝心なのは素敵なTiming

フォアハンドで大事なのはタイミングです。ステキなタイミング/坂本九 - YouTube道具も大事かもしれませんが、理にかなったスイングをしないと、どんな良い道具を使ってもどうにもならないことがあります。フォアハンドの動作は、先ずユニットターン、次に…