読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

テニス肩甲骨打法の元祖はアガシさん

卓球漫画「少年ラケット」で気になったのが肩甲骨打法ですが、アガシさんのフォアハンドスイングはテニスの肩甲骨打法だと思います。この方法なら、筋トレしないレクリエーショナル プレーヤーでも強いボールが打てるので紹介します。 実際に乗っているのは…

アズユーライクのフォアハンド

ナダル選手とジョコビッチ選手が利き腕と反対を使う練習をしていました。やはりトッププロは違いますな。と思っていたら、反転した動画でした。早とちりでした。ナダル選手のライトフォアハンドジョコビッチ選手レフトフォアハンドInstagramライトフォアハン…

フェレール選手のトップスピン

youtubeにあったUSオープンでのフェデラー選手の練習風景です。簡単にトップスピンやスライスを掛けることができたらテニスはもっと楽しくなりますね。 Roger Federer Practice | US Open 2015 | Court Level View - YouTube フェデラー選手のスイングはな…

ユニットターン

手首の怪我により、あまり見る機会がありませんが、デルポトロ選手のフォアハンドでユニットターンのスライドショーを作りました。一般の日本人愛好家のフォアハンドに威力がないのは、スイングがユニットでないことが原因だと考えます。ラケットを振る行為…

ツイスト リターン

スピンサーブに必要な動作に名前がついていました。参考にしたのは、YouTubeですが、動画が長いので、スピンサーブに必要なツイストリターンのスライドショーを作成して、練習方法について検討してみました。Tennis Serve level up(Stability and spin and s…

同じフォームで違うコースのサービスを打つ

YouTubeのモンフィス選手のサービスで気になったことがあったので、ジュースサイドからのサービスフォームを比較するスライドショーを作りました。ワイド方向(ターゲットは相手コートの人)に打っているサービスモーションのスライドショーを作り、その後、…

ジョコビッチ選手のバックハンド

ジョコビッチ選手のバックハンドのスライドショーを作りました。使ったスライドで身体の使い方で気がついた点を書いてみました。1ステップ目の左足はピボットしています。2ステップ目の右足はネットに向けて真っ直ぐ踏み出します。ピボットにより立ち位置…

フェデラー選手のボディターン

ツアーファイナル対ラオニッチ選手でのホットショットです。バックサイドからバックバンドでクロスに打ち込んで、フォアサイドに返ってきたボールをクロスのオープンコートにウイナーを打ち込んでいます。バックサイドからフォアサイドに移動しながら打って…

アガシさんのボディターン

アガシさんのフォアハンドは、ラケットの動きを邪魔しないスムーズなボディターンのための利き腕と反対の腕(左腕)の使い方が参考になります。テイクバックでは、ネットに向かい右サイド方向を左手が指します。相手コートを正面に向いた姿勢から身体が90°…

サービスモーション

シーズンオフはフォームを見直す絶好の機会です。サービスモーションのメリハリをシャドウスイングに取り入れてみるのもありかもしれませんので、参考スライドショーを作成してみました。最初はネットで公開していたゲイブハラミオの指導DVD宣伝のサービスモ…

錦織選手のフォアハンド

テニス雑誌で錦織選手のフォアハンドを連続写真で解説していたのを見ました。自分のブログの記事を作りながら、連続写真を並べてテクニックを総合的に伝えるのは難しいと思いますが、テニス雑誌はそのような紙面作りでした。なので、USオープンでの錦織選…

クズネッツォワ選手のフォアハンド

たまたまTVをつけたら、さま〜ズが広島のバッティングセンターを訪問していました。そこで野球教えている方にコーチをしてもらっていましたが、指導前後で見違える程いい当たりになりました。指導のポイントは、ボールの軌道を線に見たて、その仮想線を通…

モンフィス選手のサービス

最近モンフィス選手のサービスをスローでみて気がつきました。腕が長いので、プロネーションと筋肉の動きが連動していることです。インパクトはプロネーションしながらです。紐付きボールで、100回身体に当てないように続けられるようになったとき、この…

Similar Pros Service Motion

紐付きボールを使ったサービスモーションをフェデラー選手のサービスと比べてみました。すると、紐付きボールを動かす動作はフェデラー選手の動画と限りなく近似していることがわかります。プロ選手のサービスモーションの身体の使い方は、素人には真似でき…

クビトバ選手のフォアハンド

2014ウィンブルドン女子シングルスの優勝はクビトバ選手でした。2回めのグランドスラムチャンピオン、テニス先進国のチェコの選手である彼女のフォアハンドが参考にならない理由はありません。 ロックインポジションからインパクト、フィニッシュの過程…

デルポトロ選手のフォアハンド

ボレーのグリップが厚いと指摘されたので、薄い握りで練習したら、いい感じになりました。試しにフォアハンドも薄くしてみたら、ミスショットが少ない感じでした。スイングのお手本はデルポトロ選手です。テイクバックからフォワードスイングでラケット面が…

アンドレア・ペトコビッチ

現在、フレンチオープンベスト8まで勝ち残っています。女子では気になるフォアハンドスイングなので、ファイナル進出を期待しています。低いボールのアングル上記まではゆっくりです。高いボールのアングル上記まではゆっくりです。

トミー・ハース選手のフォアハンド

これはハイスピード撮影解析したでナダル選手のフォアハンドトップスピンのインパクト直前のラケットの動きですが、等速運動しています(線がラケットの動きで、緑線がインパクト)。 ところが、YouTube動画で見てみると、スローで見ても加速しているように…

ベルダスコ選手のスピンサーブ

静止画像やYouTubeでのボールの跳ね方を見るとスピンサーブを打っているのがわかります。 Fernando Verdasco serve practice (2011 Legg ... このゴールデンウィークにサーブでスピンの変化がはっきり目に見える様になりました。打てるようになる直前に3年…

マレー選手、ジョコビッチ選手の球出し

エキストリームセミウエスタングリップのマレー選手とウエスタングリップのジョコビッチ選手の球出しです。ナダル選手はウエスタングリップ、フェデラー選手はコンチネンタルグリップからウエスタングリップまで幅広く使うので、テイクバックでのラケット面…

ナダル選手の球出し

ナダル選手の球出しです。前腕のスピネーション、ヌートル、プロネーション一連の動作で一瞬にラケットを回して打っています。スピネーション=ロックインポジションヌートル=インパクト前プロネーションラケット面はインパクトしてから回っています。ラケ…

フェデラー選手の球出し

毎日スポンボールを使ってゲイブハラミオを真似した球出しの練習をしています。 ゲイブハラミオは、ドアノブを目一杯右回りに回す感じでロックインポジションして、グリップエンドから振り抜いていると思います。 この練習でインパクトから素早くプロネーシ…

セミウエスタンでグルリンパ

セミウエスタングリップで、普通にスイングしても、インパクトは錦織圭選手の握りになりません。軽いラケットとスポンジボールを使ってグルリンパの練習すると、なぜインパクトでテコを使って打たないといけないかがわかります。旋回で勢いをつけたままだと…

セレナウイリアムスのフォアハンド

プロ選手のビデオは上手く打てているものがほとんどですが、上手く打てなかったのも参考になります。GOODNOGOODラケットが先行しています。フィニッシュがとれません。フィニッシュで、スイングが正しくできたかがわかります。

ラケットがグルリンパ

セレナウイリアム選手のフォアハンドです。セミウエスタングリップです。ラケットがグルリンパとなり、手首でロックされます。その形で手首が先行してインパクトです。フィニッシュは上です。ラケットの重さで反動をつけると、ラケットが勝手に先行してしま…

デルポトロ選手のテコ

長尺パターの使い方(第三種のテコの原理)と酷似しているとわかるのはトップ選手ではデルポトロ選手です。ラケットを手首でロックしている写真ですが、ここから肩を支点にして腕が下から上に振り子のように前に移動してラケットがインパクトを迎えます。こ…

ラケットではなく、腕が移動

ナダル選手は左利きですが、右利きの鏡に映った姿なので、右利きの身体の使い方がよく分かります。ボールに回転をさらに掛けようとしてラケットで擦り、逆に回転が掛からなくなりました。ラケットで擦るのではなく、腕を前に移動してインパクトするのがコツ…

ナダル選手のグリップ

ウィルソンのオーバーグリップテープは、巻きやすいように、テープの端が斜めに切ってあります。リプレスメントグリップテープが、グリップエンドから見て右回りに巻いてあるので、右利きならこれに沿ってオーバーグリップテープも右回りに巻くのが一般的で…

ナダル選手のスマッシュ

サービスとフォアハンドで攻め、オーバーヘッドでポイントを取るのが理想の形です。正面と側面からの画像にミスショットしないための注意点をコメントしています。小刻みにステップして俊敏に移動。身体は棒のように真っ直ぐ。ボールの真下でなく横に位置す…

ナダル選手のサービスモーション

スピンを掛けるサービスモーションです。サーブもテコの原理を利用しています。インパクトでは、肩を支点、腕を力点、ラケットが作用点として連動し、身体全体は頭がスイングの邪魔になるので、Yの字で空中でのバランスをとっています。 ラケットは、直線的…

ナダル選手のフォアハンド

トッププロのフォアハンドにはトップスピンを掛けるための理屈があります。YouTubeで、制作者が意図的に静止させて矢印を入れた部分をそのまま切り出しました。その間のつなぎの画像も入れて分かりやすくしていますが、優しく打つことがフォアハンドストロ…