Regnirt-sorpの日記

a recreational tennis player's bible

フォアハンド

フォアハンドの運動連鎖実践のヒント

次のYouTubeに勝者のフットワーク塾の宣伝用プロモーションビデオ2本を編集して、フォアハンドの運動連鎖がわかる動画にしました。この通りに身体を使ってみると、ラケットを上手く使えなかった原因がわかります。 勝者のフットワーク塾 脱力と軸をスイング…

ワイドへのボールに対するフォアハンド

ワイドのボールを上手く打つための基本で参考になる動画がYouTubeにありましたので紹介します。ワイドのボールが上手く打てない人は観る価値があります。 フットワークの基本(重心) 短く編集しました。 Instagram スペイン式練習#1(準備) ツアーコーチ…

自分の打点は自分しかわからない

人に教えてもらってもテニスが上手くならない理由は、自分の打点が自分にしかわからないからかもしれません。 WOWOWオンデマンドでマイケルチャンのテニス塾という番組を配信していましたが、シンプルに打つためには、スムーズに打つことのできる打点におけ…

フォアハンドの手首

ボールにパワーを加えるためにグリップをしっかり握りしめても良いボールが打てないのには理由があるようです。 我がテニスバイブル「フィールテニス」で解説していたので、動画を編集しました。 Tennis Forehand Drop Techniques - Control Vs Power - YouT…

このYouTube(テニス指導ビデオ)がすごい

YouTubeの情報はテニス分野に限らず、玉石混交で、私のブログのようにどうでも良い情報は少なくありませんが、わかりやすく説明している情報があったので紹介します。フォアハンドやバックハンドのトップスピンを打てるようになりたい人には、このYouTube動…

ヒップターンのヒント

先週もテニススクールに行ってしまいました。ゴムチューブを使った体幹のアップを行なっていたときに、股関節の使い方の究極はヒップターンと言う説明がありました。 家に帰ってから、ユニットターンで、肩の回転の意識と併せ、お尻を回転させると、スイング…

ボディターンのメリット

静止したボールを打撃する練習で、肩を支点として腕だけを使うスイングと背骨を支点としたボディターンのスイングを比較すると、パワーとスピンの掛かり具合は、明らかに後者が勝ります。ボールを正確にスイートスポットに当てようとして腕で打ってしまいが…

最初の3分が重要!

フェデラー選手の2015の練習風景です。練習開始直後の動作が参考になりますので、その部分を編集してみました。 Roger Federer Practice at Cincinnati 2015 #2 - YouTube 最初はリラックスした状態で、打点の調整をしていると思いますが、参考になりま…

作用・反作用をシンクロさせる

大地と足の作用・反作用とラケットとボールの作用・反作用をシンクロして、コンタクトで身体を介した大地とボールの作用・反作用になるようにすると、楽にパワーが出せそうです。 その時に身体の向きやラケットが最初からネット方向(ターゲット方向)に向か…

ラケットは水平にスイングしてはいけません。

水平スイングの弊害を我がテニスバイブル フィールテニスの最新記事で解説しています。 How "Lifting" The Ball Improves Consistency Of Your Groundstrokes | Feel Tennis ボールコントロール練習のイメージ図を作ってみました。アップでは、この図のラケ…

グリとグラ(肘と膝)

今日は、単発1日レッスンに参加しました。習ったことの復習を記録しておきますが、ポイントはグリとグラではなく、肘と膝、テイクバックでの右足と左肩の向き、定位置はベースラインからラケットの長さ分くらい後ろ、グランドストロークとアプローチのボー…

プロネーションのタイミングを考える

ジョコビッチ選手のボールコンタクトでは、ラケットと地面の角度が垂直よりも小さく、ラケットが閉じています。超スローモーションで見ると、ラケットが揺れて、コンタクトと同時にプロネーション(koichi33さんありがとうございます。)しているのがわかり…

遅いボールと早いボールのトップスピン

我がテニスバイブルの最新トピックスを紹介します。ポイントを一言で言うと、前でのボールコンタクトと、ボールスピードに応じた身体とラケットの使い方をすることです。 サイト記事 How To Hit Topspin With No Loss Of Power | Feel Tennis 要点を編集して…

フォアハンド、バックハンド、サービスの参考動作

気になったのは、以下の故川上哲治さんの著書です。野球とゴルフは野球のピッチングに身体の使い方が近く、ピッチャーの方が上手くなる素養があると言う内容でした。 ゴルフ狂、川上哲治―打撃の神様、ゴルフ歴半世紀の結論 作者: 川上哲治 出版社/メーカー: …

アウトサイドインのスイングの意味

アウトサイドインのスイングを単純に外側から内側へのスイングと理解していましたが、我がテニスバイブルフィールテニスのYouTubeで詳しく解説しています。ほぼ正確(意訳になるので?正確ではないです(笑))には、外側(ボール)方向へのラケット面、スイ…

正しいグリップでも微妙に異なる

例えば、セミウエスタングリップならグリップのどこの部分を握ればよいかは、教則本に書いてあります。 しかし、人によって骨格は微妙に異なるので、グリップの握りは正しくても、ラケットが上手く使えないことはあると思います。 本当に正しいグリップを一…

正座してフォアハンド素振り

前回プロネーションの練習方法について、ゲイブハラミロのプロモーションYouTubeを紹介しましたが、低いボールを打つ感じの素振り練習は、フォアハンドで効果的にトップスピンを掛けるブラッシング習得(プロネーション)の前段階の動きになります。低いボー…

フォアハンド プロネーション練習方法

ローランギャロスの中継を観ていたら、ベルディヒ選手のラケットのグロメットが半透明なことに気がついて、ググってみているうちに、面白いテニスのブログがありましたので、紹介します。続・新トップスピン打法とプロネーション 錦織 ナダル:たかみのけん…

フォアハンドがカッコ悪いなら

フォアハンドがカッコ悪いなら修正する方法はあります。いつものように我がテニスバイブル フィールテニスの記事を紹介します。Forehand Follow-Through Catching Technique And Why Use It | Feel Tennisタイトルは、「フォアハンドのフォロースルーをキャ…

アズユーライクのフォアハンド

ナダル選手とジョコビッチ選手が利き腕と反対を使う練習をしていました。やはりトッププロは違いますな。と思っていたら、反転した動画でした。早とちりでした。ナダル選手のライトフォアハンドジョコビッチ選手レフトフォアハンドInstagramライトフォアハン…

エキストリームレフプロの使い方

フェレール選手のボール出しが大変参考になったので、スライドショーを作りました。結論は、手首や腕でラケットに反動をつけないで、コンタクトでプロネーションするだけです。フィールテニスでは、ロールアンドコンプレスと表現していますが、ユニットター…

ありがとう古田さん

このyoutubeの最後にパワーボールが打てるヒントありました。強打が打てるようになるバットの握り方とは...? - YouTube古田さんがバットで力の入る握り方を探す方法はこちらのシーンですがテニスラケットも探し方は一緒です。コンタクトの位置で探すと、い…

ロックインポジションを作動させる準備

フェレール選手のyoutube動画を加工して説明してみます。David Ferrer Forehand and Backhand 4 - Indian Wells 2013 - BNP Paribas Open - YouTubeロックインポジションの形を簡単に説明すると、ラケットのグリップキャップのメーカーロゴをボール方向に向…

ロックインポジションが重要

フェレール選手のyoutube動画のスイングでの共通の動作を探してみました。David Ferrer Forehand and Backhand in Slow Motion - YouTubeyoutube動画を何回も観ていて気がついたのは、当然フェイスザボールアットコンタクトしているので、顔はボールを向いて…

スイングイメージ

昨日の練習を図にしてみました。前(相手コート)後2次元で表示していますが、フォアハンド、サービス、オーバーヘッドショットでこのイメージでのスイングができると、クリーンショットになります。ボールは正面から飛んできますが、コンタクトの予想ポイ…

フェレール選手のトップスピン

youtubeにあったUSオープンでのフェデラー選手の練習風景です。簡単にトップスピンやスライスを掛けることができたらテニスはもっと楽しくなりますね。 Roger Federer Practice | US Open 2015 | Court Level View - YouTube フェデラー選手のスイングはな…

クリーンショットのためのスイング

今日は、フィールテニスの最新記事にインスパイアされ、グラフィンのエキストリームライトとラジカルレフで練習をしました。注意点がテロップにありますが、顔をボールに向け、ボールに対してスイング及び体重移動を行い、目標物となるコート左隅の黄色の物…

この世で一番肝心なのは素敵なTiming

フォアハンドで大事なのはタイミングです。ステキなタイミング/坂本九 - YouTube道具も大事かもしれませんが、理にかなったスイングをしないと、どんな良い道具を使ってもどうにもならないことがあります。フォアハンドの動作は、先ずユニットターン、次に…

効き目とオフセンターショット

初心者の人と練習していて、数年前に自分もそうだった事を思い出しました。それは、フォアハンドでラケットにボールが当たらないことです。タイミングは合っているのにラケットとボールが数十センチも離れた空振りが結構ありました。バックハンドではそんな…

役に立った練習等

自分より下手な人と練習しても上手くならない、とブラックテニスショップの店員さんから言われたことがあります。だから、下手同士のテニスサークルで時間を浪費するなら、壁で1人練習せよ!と。壁練習が重要なことは否定できません。なぜなら、テニスをプ…

クロスコートに打ち続ける

ブログで簡単に紹介してしまいましたが、ひねり戻しの動きをは、フォアハンドで実践するのに相当なフィジカルが必要だと練習してみてわかりました。フォアハンドはきちんとクロスコートに返さないと、相手に攻撃のアドバンテージを与えることになるのですが…

ユニットターン

手首の怪我により、あまり見る機会がありませんが、デルポトロ選手のフォアハンドでユニットターンのスライドショーを作りました。一般の日本人愛好家のフォアハンドに威力がないのは、スイングがユニットでないことが原因だと考えます。ラケットを振る行為…

グラフィンラジカルレフで基本動作練習

前回のブログで紹介したテニス基本動作をグラフィンラジカルレフを使いやってみました。ラジカルレフは、フレームの重量が260g、バランスが360㎜で、素振りをした時にスイングスピードが一番早いと感じるラケットです。これまで、上手く当たらないの…

テニス基本動画の紹介

次のYouTubeは正規のアプローチではないかもしれませんが、インスタントにラケットの使い方のコツがわかるような構成になっています。基本なのに真似できませんのでした(笑)。多分、講師のフィジカルのポテンシャルはかなり高いと思います。真似できるかど…

グランドストロークもジャックナイフ

何でもかんでもジャックナイフですが、腕の力だけで打って、スイングフォームがカッコ悪いと(誰かに運悪く録画され、指摘された方)感じているなら、とりあえずこの方法を試してみると良いかもしれません。スライドショーは、フェデラー選手のリラックスフ…

悩んだらジャックナイフ

スイングで悩んだら、ジャックナイフの練習です!両足が地面にべったり着いているスインが非効率だったのがよくわかります。マルセロ・リオスやエアー・ケイのように、とりあえず片足の膝を地面から高く上げて、残った足で空中に跳びましょう!着地も踏み切…

ボディターンを使うために

ボディターンを使うための動作練習(素振り)をジョコビッチ選手のスイングを使ってスライドショーにしてみました。フォアハンドスイング動作で、ボディターンを使うのはフォワードスイングからコンタクトまでですが、この部分を練習するにはフォワードスイ…

フォアハンドを気持ち良く

かつカッコよくするためのヒントが我がテニスバイブル フィールテニスの記事にありましたので、スライドショーを作りました。ポイントは、テイクバックからフォワードスイングの切り替えで、ラケット先端の方向を真後ろにすること、ボディターンを使うこと…

ラケットを振り切るには

ジョコビッチ選手、フェデラー選手、ナダル選手のフォアハンドを見ると、グランドストローク練習でスイング時にラケットを振り切っています。 ラケットを振り切ることができなかった時、素人発想で、テイクバックから反動をつけたり、脱力したり、色々試して…

ヘッドアットコンタクト

FEEL TENNISの記事がアップされていました。 How To Watch The Ball In Tennis | Feel Tennis記事で取り上げているATPランキング300内のある選手の頭にビデオカメラを装着して撮影した映像は、コートの外から撮影したのとは全く違うのがわか…

How to hit a tennis ball

プロの試合を観てしまうと、もしかしたら同じようにできると錯覚してしまいますが、真似すらできない上に、前より酷くなったりします(笑)。そんな時、冬場のボールが飛ばないのを利用して、愛好家にありかわちな悪いフォームを見直しをすると良いと思いま…

スイングフォームとラケットパス

テニスを始めた頃、綺麗なスイングフォームを身につけるため、ラケットを使って毎日欠かさず素振りをしていました。素振りのおかげで、スイングフォームはかなり良くなりましたが、フォームに固執した結果、コンスタントに上手く打てなくなりました。理由は…

正しいラケットパスのためのスイング

2015年が始まりました。昨年はプロのストリンガーさんの自称本物ラケット呪縛から離脱できたおかげで飛躍的にスキルアップしたメモリアルな年でした(使用感には個人差があるので、自称本物ラケットを否定する意図は全くありません。私は二度と使いたい…

早いボールのためのスイング

使ったラケットは、スピードレフプロです。私の手の大きさは普通だと思いますが、グリップG2では太い感じがして軽いラケットとのバランスが良くないのでグリップG1を使っています。最新素材を使った軽いラケットで、グリップG1が国内入手できる可能性…

低いボールと高いボールの対応

腰より低いボールを打つのと腰より高いボール(腰あたり)を打つのは、打ち方に違いがあるので、画像を比較してみました。腰より低いボールを打つ画像は、正しいラケットパスを習得する練習なので、ボールコンタクトでラケット面が地面と垂直にし、テイクバ…

深いボールへの対応

フォアハンドやバックハンドのトップスピンをマスターするためラケットをゆっくり最小限の力で飛ばす練習をしていますが、以前より深いボールの対応ができています。FeelTennisのサイトでタイトルの新着記事を見て、その理由が理解できました。詳…

フォアハンドトップスピン練習

フォアハンドでトップスピンを掛けるには正しいラケットパス(ラケットの軌道)をスイングする必要があります。FeelTennisのサイトからヒントとなる基本練習のスライドショーを作ってみました。スライドは全部で8枚で、向かって左は側面から、右…

フェデラー選手のボディターン

ツアーファイナル対ラオニッチ選手でのホットショットです。バックサイドからバックバンドでクロスに打ち込んで、フォアサイドに返ってきたボールをクロスのオープンコートにウイナーを打ち込んでいます。バックサイドからフォアサイドに移動しながら打って…

アガシさんのボディターン

アガシさんのフォアハンドは、ラケットの動きを邪魔しないスムーズなボディターンのための利き腕と反対の腕(左腕)の使い方が参考になります。テイクバックでは、ネットに向かい右サイド方向を左手が指します。相手コートを正面に向いた姿勢から身体が90°…

最少のステップと力で打つ

The Basics of Tennis Footwork: Less (Steps) is More (Time) | Feel Tennis10月20日のFEEL TENNISにフットワークの記事がありました。このフットワークで、ゆっくり最少の力で正しくコンタクトすると、早いボールに対応できるようになります。ステップ…